Technology 日本語ブログ

空港ラウンジの使い方ガイド

空港ラウンジの使い方ガイド


            これからマイルを貯め始めたい方!どのようにすればマイルが貯まるか全てわかりやすく説明しているこちらの記事を参考にしてください。   バックグラウンド     YYさんからのブログ記事リクエストです(ありがとうございます) マイル&ポイントを貯めるようになり色々なクレジットカードを作っていくと、空港ラウンジを使う機会が増えます。 空港ラウンジと言ってもエアラインが運営しているラウンジであったり、クレジットカード会社が運営しているラウンジ(センチュリオン)だったり、それ以外のカードラウンジ(プライオリティパス)であったり種類は様々です。 また、ラウンジのアクセスにはある特定のクレジットカードを持っていたらできる場合や、プライオリティパスを持っていればできる場合、ビジネスクラス&ファーストクラスに乗る時に使える場合とこれも状況によって変化します。   この記事では初めて空港ラウンジを使う人のために空港ラウンジを使うには何が必要で、どのようにすれば使えるのか?を詳しく説明したいと思います。   ラウンジアクセスに必要な物               基本的に2つ必要だと理解してください。その2つとは・・・ 航空チケット ラウンジアクセスに必要なメンバーシップカードまたはクレジットカード です。   ラウンジを利用する時は航空チケットを提示する必要があります。航空チケットを提示する大きな理由はその日に旅行しているという証明をするためとこれから出発するのか?それとも今到着したのかを区別するためです。 空港ラウンジはその日に空港を利用する人のためのサービスなので、その日に旅行している人が対象となります。ラウンジのほとんどは空港のセキュリティーを抜けた後にあるので、そこにいる人はその日旅行する航空チケットを持っているのが前提ですね。 おそらく空港で働いているスタッフの利用を避けるために当日の航空チケット提示が必要なのだと思います。   チェックイン時に航空チケットをラウンジで提示する必要があります。理由はカードラウンジの場合、到着した空港でその日にもうどこにも行かない場合(つまり到着地)はラウンジ利用の対象外となります。 ビジネスクラスやファーストクラスまたはエアラインのステータスがある人はラウンジによっては出発する時は使えるけど到着した時には使えないラウンジが存在します。また同伴者の人数もこれから出発するのか?それともさっき到着したのか?で変化してきます。 それを一瞬で確認する方法が航空チケットを確認することなのです。それが理由で空港ラウンジを利用する際はラウンジチェックイン時に航空チケットの提示を求められます。   次にラウンジアクセスできる権利があるという証明を提示しないといけません。それがクレジットカード(Amex Platinumとか)であったりプライオリティパスであったりします。 (ちなみに、ビジネスクラス&ファーストクラス&エアラインステータスでのラウンジ利用はクレジットカードやカードの提示は必要ありません。航空チケット自体がラウンジアクセスできる証明として使われるためです。稀にラウンジ利用券というのをチェックインカウンターで渡されて、それをラウンジで提示してラウンジを利用するという場合もあります) ラウンジを利用する場合は事前に自分が持っているクレジットカードまたはカードで何人同伴者を連れていけるのかを確認しておくのがお勧めです。実際ラウンジのカウンターに行ってみたら持っているクレジットカード&カードだと自分+1人しかラウンジが使えなく子供の分は支払わないと使えない!ということもあり得ます。 こちらがクレジットカードについてくるプライオリティパスの詳しい情報↓     Amex Platinumの提示で入れるセンチュリオンラウンジ同伴者は2名まで無料です。配偶者またはパートナ、そして子供は人数制限ないとアメックスクレジットカードのサイトには記載がありますが、センチュリオンラウンジのウェブサイトには Platinum® Card members who obtain complimentary entry might enter with as much as two friends at no further cost. Centurion members might enter with as much as two visitors or quick household (partner or home companion, and youngsters beneath 18)  at no further cost. Visitor entry is per Card Member, not per Card. Household or visitors might not enter or stay within the lounge until accompanied in […]